1. TOP
  2. 牛乳でお腹ゴロゴロしたりが痛くなるのはなぜ?原因や対策は?

牛乳でお腹ゴロゴロしたりが痛くなるのはなぜ?原因や対策は?

 2017/04/12 ライフスタイル
この記事は約 5 分で読めます。

牛乳を飲んで
お腹が痛くなってしまうことって
ありませんか?

実は、この現象
病気でなく解消できるものと
病気で治らないものが
あるのです!

今回は、そんな
牛乳でお腹が痛くなるメカニズムと
解消する方法、
病気との見分け方について
ご紹介します。

牛乳でお腹がゴロゴロ
病気と病気で無いものの違いとは?

牛乳でお腹がゴロゴロする時に
こんな症状が現れたら
「牛乳アレルギー」の
可能性があります。

【 牛乳アレルギーの症状 】
じんましん
皮膚の腫れ
呼吸困難
意識障害

これらが、お腹のゴロゴロと
同時に起こった場合は
牛乳アレルギーが疑われます。

また、牛乳アレルギーは
低年齢でおこることが多いのも
特徴です。

赤ちゃんの頃は、
卵や牛乳でアレルギーを
起こしやすいのですが、
このうちの90%は
成人になるまでに治ってしまうと
言われています。

そのため、大人になってから
牛乳でお腹がゴロゴロするようになった
という人は、
牛乳アレルギーでない可能性が
高いのです。

これらをまとめると
・じんましんなどの症状が現れる
・低年齢である
と言う人は、
「牛乳アレルギー」という病気である
可能性が高いと言えます。

牛乳アレルギーは、
アレルギー検査を
医療機関で行うことで診断できます。

もちろん、大人でも
牛乳アレルギーの人もいますので
気になるようでしたら
医療機関での検査を
オススメします。

牛乳アレルギーの対処法

牛乳アレルギーは、
アナフィラキシーを起こしやすい
食材として有名です。

アナフィラキシーとは
アレルギー物質が体内に
侵入してしまうことで起こる
呼吸困難や意識障害のような
激しい反応のことで、
最悪の場合、死に至ります。

よくニュースで
蜂に刺されて亡くなってしまった方の
ニュースが報道されますが、
これは蜂の毒による
アナフィラキシーが原因なのです。

このアナフィラキシーは、
エピペンという自己注射を
行うことで対処できます。

エピペンは、医療機関で
処方されます。

牛乳アレルギーになってしまった場合、
このアナフィラキシーの防止のため
エピペンを処方してもらったり、
普段の食事から
牛乳を取り除いたりする
必要があります。

病気でない
牛乳でお腹がゴロゴロする原因とは?

牛乳アレルギーとは異なり
牛乳でお腹がゴロゴロしても
病気でないこともあります。

それは
「乳糖不耐性症」
というものです。

これは、ラクターゼという酵素が
分泌されにくい人が
起こるものです。

このラクターゼは
母乳を飲んでいる赤ちゃんの頃は、
非常に多く分泌されているのですが
大人になると分泌が減ってしまいます。

ラクターゼは牛乳に含まれる
糖を消化する働きがあるので
これが減少してしまうと
糖が消化できずにお腹がゴロゴロと
してしまうのです。

治すことができる!?
乳糖不耐性症

牛乳を飲んで
お腹がゴロゴロするのが
乳糖不耐性症であった場合、
治すことが可能です。

その方法は、
ラクターゼを多くすれば
良いのです!

方法1「少量ずつ摂取する」

牛乳を飲んで
お腹がゴロゴロしてしまう人でも
コーヒーに混ぜたり
牛乳を使ったお菓子では
どうでしょうか?

お腹がゴロゴロしない人が
多いのではないかと思います。

このように、
少しずつの量から
牛乳を摂取していくと
少しずつラクターゼも
分泌されるようになってきます。

方法2「ラクターゼを減らした物を食べる」

牛乳でゴロゴロする人のために
ラクターゼを減らした商品が
販売されています。

牛乳のなかには
「お腹がゴロゴロしにくい」と
うたって販売している物もありますよ。

このお腹がゴロゴロしにくい牛乳は
普通の牛乳にひと手間加えることで
作ることもできます。

牛乳は加熱することで、
膜をはります。

その膜には、たくさんの乳糖が
含まれていますので、
一度温めた牛乳にはった膜を
取り除いたものを飲むという
方法でも、お腹がゴロゴロしにくい牛乳を
作ることができるのです。

また、ギリシャヨーグルトなどは
お腹がゴロゴロしにくいです。

ヨーグルトの
乳清(ホエイ)という液体の
中には、乳糖がたくさん
含まれています。

その乳清を取り除いたものが
ギリシャヨーグルトなので、
お腹がゴロゴロしにくいのです。

また、乳製品では
チーズもお腹がゴロゴロしにくいと
言われています。

方法3「サプリメントで摂る」

日本ではなかなか
みることはありませんが
海外では「ラクターゼ」が
サプリメントで販売されています。

このサプリメントを
飲んでいると
お腹がゴロゴロしにくくなります。

インターネットなどを通じて
購入できるようですよ!

病気かどうか判断してから対処を!

いかがでしたでしょうか?

牛乳を飲んで
お腹がゴロゴロするのは
病気の場合と
そうでない場合があることが
ご理解いただけたでしょうか?

牛乳アレルギーの場合は、
命に関わることもあるので
もし、アレルギーが疑われる場合は
医療機関で検査するようにしてくださいね!

また、乳糖不耐性症であっても
無理に治そうとは
しないでくださいね。

牛乳を飲まなくても
牛乳に含まれるような栄養素は
他の食品でも摂取することが可能です。

また、乳糖不耐性症は
重度のものであったり
牛乳アレルギーと併発していることもあります。

そういった場合は
治すことは難しいので
医療機関に相談してくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

かわいい奥さま♪の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいい奥さま♪の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かわいい奥さま♪編集部

かわいい奥さま♪編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 寒暖差アレルギーってなに?この鼻水の症状は花粉症じゃなかった!

  • ウォシュレットの使い過ぎで炎症する!?適切な使用法って?

  • 最近、話題のサイコバスとは?特徴や診断方法を知っておこう!

  • 食後?食前?胃痛のタイミングで異なる胃の病気と対処法

関連記事

  • その水筒大丈夫?下痢の原因は水筒の中は雑菌がだった?

  • お酒好きさんの肝臓を守る!オススメおつまみを紹介!

  • ブルーライトって何か知ってる?子供の目に悪影響なの!?

  • 卵は1日何個まで!?1日1個説を検証してみました!

  • 最近、話題のサイコバスとは?特徴や診断方法を知っておこう!

  • ウォシュレットの使い過ぎで炎症する!?適切な使用法って?