1. TOP
  2. インフルエンザ予防に紅茶!?こんなに凄かった紅茶の効果

インフルエンザ予防に紅茶!?こんなに凄かった紅茶の効果

 2017/02/21 体調不良
この記事は約 5 分で読めます。

寒い冬、温かい飲み物が恋しくなりますよね?

私は、毎朝熱いコーヒーを飲むのですが、
皆さんはコーヒーや紅茶を
一日に何回程度飲みますか?

毎食と言わず、休憩の時と合わせると、
一日に何回も飲む人もいれば、
ミネラルウォーター派の人もいるかもしれませんね。

そんな飲み物のなかで、
実はインフルエンザ
予防効果が強いものがある
ということをご存じですか?

普通の風邪とインフルエンザの3つの違い

インフルエンザ
予防注射や警報が発令されるくらい
普通の風邪とは違う特別な扱いをされていますよね。

それは、なぜでしょうか?

明らかな原因のウイルスがある

まず、一つ目にインフルエンザは、
明らかな原因が分かることが
風邪と大きな違いになります。

インフルエンザは、
インフルエンザウイルスが
原因でなる病気です。

そのため、
インフルエンザにかかったと疑われる場合
インフルエンザの検査をするのです。

一般的にかかる風邪は
どの細菌やウイルスで風邪になったのか
判別できないことがほとんどです。

また、判別できる場合でも
症状が比較的軽いので、
いちいち検査など行わないのが一般的です。

風邪よりも感染力が強い

二つ目は、インフルエンザは、
感染力が強いということです。

インフルエンザは
11から12月に流行が始まります。
そして、1から3月にピークを迎えますが、
この頃最も学級閉鎖が行われます。

その原因は、
ほとんどがインフルエンザなのです。

風邪よりも強い症状が現れる

最後に、インフルエンザは
症状が急激で強いことが、
他の風邪とは異なります。

インフルエンザにかかると、
突然38度以上の高熱がでます。

また、重症化すると
肺炎や脳炎(インフルエンザ脳炎)を
合併してしまうリスクもある、
怖い病気なのです。

インフルエンザに効果のある飲み物とは?

インフルエンザは、
体内に入ると増殖して
発熱などの症状を引き起こします。

そのため、インフルエンザ
体内に入れないことが重要なのです!

実は、そのために
有効な飲み物があるのです。

それは紅茶です!

昭和大学名誉教授の島村忠勝さんや
日本紅茶協会は、インフルエンザ予防
有効な飲み物として「紅茶」の効能を
報告しているのです!

インフルエンザ予防に有効な物質「テアフラビン」

インフルエンザウイルスは、
周りにいが栗の様な突起があります。

この突起が体内の細胞にくっつき、
増殖していき、ある程度増えると
インフルエンザの症状が現れます。

しかし、このインフルエンザウイルスの突起に
先回りしてくっついてしまう物質があるのです!

それがテアフラビンです。

このテアフラビンは、
カテキンが発酵したもので
赤い色素をもつのが特徴です。

そして、このテアフラビン
多く含んだ飲み物が紅茶なのです!

緑茶の2倍!紅茶の予防パワー!

緑茶も風邪予防に良いとよく聞きますが、
インフルエンザウイルス予防には
紅茶の方が効果が高いのです。

その理由は、インフルエンザウイルスに
吸着する力の差で、
紅茶は緑茶の2倍の効果があります。

また、紅茶は4~5倍に薄めても
その効果は変わらないと言われていて、
効果もすぐに出るようです。

ただし、ミルクティーにしてしまうと
ミルクのたんぱく質と
テアフラビンが反応して
殺菌効果が弱くなってしまうので
ミルクは入れないようにしましょう。

手洗い・うがいよりも効果的な「鼻うがい」

紅茶はインフルエンザ予防に
効果的だと書きましたが、
飲むだけでなく、
もっと効果的な方法があります。

それは
紅茶で鼻うがいをする
という方法です。

鼻うがいの効果

鼻うがいは「鼻洗浄」といい、
鼻に溶液を入れ鼻の中を
綺麗にする方法です。

この鼻うがいは、
鼻と喉の境界まで洗う事ができるため、
うがいをするだけより効果は高いのです。

ツーンとしない鼻うがいの方法

鼻に水が入ると
鼻の奥がツーンと痛いですよね?

しかし、鼻が痛くならない
鼻うがいの方法があるのです。

鼻に水が入り
鼻の奥がツーンと痛くなる原因は、
水と体液の浸透圧の違いです。

それを軽減する方法は、
0.9%のぬるい塩水で鼻うがいをするのです。

0.9%の塩水は、
コップ1杯の水にティースプーン1杯の分量で
作ることが出来ます。

塩水は、溶けやすいように
25度から30度のぬるま湯で
作ると良いですよ。

鼻うがい専用の容器もあるので
それを利用すると
鼻うがいにチャレンジしやすいですよ!

紅茶でインフルエンザを予防しよう!

インフルエンザは、
インフルエンザに感染した人の
咳やくしゃみから出たウイルスが
付いた物や手を介し、
うつると言われています。

インフルエンザウイルスは、
自分の手から口や鼻を通って、
体内に入ってしまうことが多いのです。

一度体内に入ったウイルスは、
すぐには増殖しません。

インフルエンザウイルスの
潜伏期間が数日あるのは、
このためです。

インフルエンザウイルスが
増殖してしまう前に
口や鼻に入ったウイルスを洗い流す効果のある

「手洗い、うがいで
 インフルエンザを予防する」
ことが大切なのです。

さらに、インフルエンザウイルスに
効果のある紅茶を飲んだり
鼻うがいをすると、
効果が上がるのです!

インフルエンザの予防
ワクチンや手洗い・うがいにプラスして
紅茶も取り入れてみてくださいね!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

かわいい奥さま♪の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいい奥さま♪の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

編集部 まる子

編集部 まる子

この人が書いた記事  記事一覧

  • インフルエンザ予防に紅茶!?こんなに凄かった紅茶の効果

  • ブルーライトって何か知ってる?子供の目に悪影響なの!?

  • お酒好きさんの肝臓を守る!オススメおつまみを紹介!

  • 粉ミルクを替えただけでアレルギーが? 気を付けたいミルクアレルギー

関連記事

  • 食後?食前?胃痛のタイミングで異なる胃の病気と対処法

  • 出席停止になる感染症の一覧ってある?インフルエンザでも皆勤賞になる?

  • 子供が鼻血が出したらどうする?その原因と対処法とは?

  • 食事の後に急激に眠くなる人は要注意!血糖値スパイクって?