1. TOP
  2. 子供の兄弟喧嘩防止に!経済や教育で使われる「ピア効果」とは?

子供の兄弟喧嘩防止に!経済や教育で使われる「ピア効果」とは?

子育て
この記事は約 6 分で読めます。

「喧嘩しちゃダメ!」「仲良くしなさい!」
「片付けなさい!」「宿題は終わったの?」
そんなことを毎日言っている
お母さんはいませんか?

そして、毎日叱っても
全く兄弟喧嘩は無くならないし、
片付けや宿題は終わらせられないですよね。

もしかしたら、この兄弟喧嘩などは
ピア効果を利用すれば、叱らずに済むように
なるかもしれませんよ!

今回は、そんな夢のような
ピア効果についてご紹介します。

ピア効果って?
こんな良いことがあるんです!

ピア効果は、
経済や教育で使われる言葉です。

ピア効果を簡単に言うと
「高い意識のもとに同じ仲間が集まれば、
作業効率が上がったり、
成績が上がるなど良い効果が生まれる」

というものです。

例えば、受験生が一緒に勉強することで、
お互いに刺激し合い、
合格する確率が上がるというようなことです。

仕事でも同様に、
チームで作業すると、
作業効率が上がったりします。

この様に、ピア効果は
家庭でも十分期待できるのです。

「競争」と「褒め技」で
ピア効果を発揮しよう!

ピア効果で必要なことは、2つあります。

    • 1つ目は、

仲間や競争相手がいることです。

ピア効果は集団で発揮するので、
兄弟がいるご家庭では
この条件はクリアできますね。

    • 2つ目は、

高い意識に持っていくことです。

「もう少し頑張れば、
競争相手より良い結果になりそう!」
と思えることが必要です。

例えば兄弟喧嘩を終わらせたい場合は
「もう喧嘩はやめなさい!」と叱るより
「どっちが先に喧嘩をやめられるかな?」
話します。

そして、先に喧嘩を止めた子を褒め、
良い結果を示します。

そして時には、美味しいオヤツをあげたりする
特別な「褒め技」を使うのです。

これは、1度行うと
次も同様の結果を期待するので、
よりスムーズに行うことが出来ますよ!

ピア効果をもっと使おう!

ピア効果は、
他にも活用方法があります。

例えば、兄弟の上の子がやっている習い事を
下の子もやりたがったりしますよね。

それは、ピア効果が関係しています。

「頑張っているお兄ちゃんは、かっこいい!」
「私もお姉ちゃんのようになりたい!」と、
身近なモデルに憧れているのです。

このように、上の子が良い手本となれば
ピア効果が活かされます。

上の子が良い手本となりそうな時はすかさず
「宿題を頑張っているお兄ちゃん、かっこいい!」
「毎日、ピアノの練習をしているお姉ちゃんは、
 どんどんピアノが上手くなるよね」などと
下の子の前で、褒めてみましょう。

「宿題しなさい!」や
「ピアノの練習はしたの?」などと
小言を言うよりも、
効果がある可能性がありますよ!

負のピア効果にご用心!

ピア効果は良いことばかりでは
ありません。

使い方を間違えると
負のピア効果といって逆効果になるので
注意が必要です。

負のピア効果とは、
圧倒的な差がある場合に
起こりやすいと言われています。

「いくら頑張ってもムダだ」と
感じてしまうくらい差があると
ピア効果は発揮せず、
むしろ成績が下がってしまったり
作業効率が落ちたりするのです。

ピア効果は
「ちょっと頑張れば追いつけそう」
「気を抜いていると追い越されてしまう」
という状況で効果を発揮するのです。

家庭では
「お兄ちゃんは、勉強が出来たのに」
など言ってしまうと、
負のピア効果が働いてしまうことがあり
注意が必要です。

競争相手がいない場合は
パパやママが競争相手になる方法も!

兄弟がいない場合、ピア効果は
活用できないのでしょうか?

そんなことはありません!

パパやママが競争相手になることで
ピア効果を活用することが
できるのです!

例えば「片付けしなさい!」と叱る代わりに
「どちらが片付けを早く出来るか競争!」
一緒に片付けてみるのは、
どうでしょうか?

また、競争をしなくても
片付けをすすんでしている
両親の姿を見るだけでも
ピア効果を発揮します。

「片付けることは楽しそうだな」
「自分にもできそうだな」と
子どもが思えば
片付けをする子になるのです。

競争で負けた方にもメリットはある!?

ピア効果の根幹は、
競争意識にあります。

競争に負けた方には、
メリットは無いように感じますが、
そんなことはありません。

競争に負けることのメリットは、
自分に適していないものを
見つけることができるということです。

また、競争に負けた方は、
次回はどうしたら勝つことが出来るのだろうかと、
工夫したり考えたりするようになります。

これらは勝った側には、
出来ない経験なのです。

ピア効果を利用して楽しく子育てを!

今回ご紹介したピア効果は、
ご家庭で実践できそうな
簡単なものが多いのではないでしょうか?

ピア効果を毎回実践するのは、
こちらの状況や心の余裕がないと
難しいかもしれません。

しかし、子育てにピア効果を上手に活用すると、
叱ることが減ったり、
お互いがストレスなく過ごす
手助けになったりします。

ここで気を付けてもらいたいのが、
競争の相手を
他の家庭にしないということです。

「○○ちゃんは、出来ていたよ」
「○○くんより上手になろう」などと、
他の家庭のお子さんと競争させると、
競争に負けた時のフォローが難しくなります。

また、子ども同志の仲にも
支障をきたす可能性もでてきます。

ご自分で実践する場合は、
あくまでご家庭内で
子どもの反応を見ながらにしてくださいね。

そして何より、このピア効果を
上手に取り入れたりしながら、
楽しく子育てをしていきたいですね!

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

かわいい奥さま♪の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

かわいい奥さま♪の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

かわいい奥さま♪編集部

かわいい奥さま♪編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 寒暖差アレルギーってなに?この鼻水の症状は花粉症じゃなかった!

  • ウォシュレットの使い過ぎで炎症する!?適切な使用法って?

  • 最近、話題のサイコバスとは?特徴や診断方法を知っておこう!

  • 食後?食前?胃痛のタイミングで異なる胃の病気と対処法

関連記事

  • 出席停止になる感染症の一覧ってある?インフルエンザでも皆勤賞になる?

  • 子どもを抱っこすると手が痛い!それって腱鞘炎かも?

  • 赤ちゃんの予防接種はいつから?早めに計画しないと大変なことに!

  • 【子育てママ必見!】青汁は子どもが飲める?何歳から?

  • 子供が鼻血が出したらどうする?その原因と対処法とは?

  • 粉ミルクを替えただけでアレルギーが? 気を付けたいミルクアレルギー